マスク等感染対策について

第2学期を迎え、9月いっぱいを12時降園(昼食なし)とさせていただきました。

その他引き続き園では、保育後の保育室の消毒、バス内の消毒、定期的に利用した遊具や

蛇口の消毒等行っております。又、保護者様にも毎朝の健康チェック、来園時の手の消毒

又、お子様に不織布マスクの着用をなるべくお願い出来るようご協力いただいております。

少しずつ涼しくなってきましたが、やはり園庭遊び等体を存分に動かす時間は、

マスクの着用は強制は出来ません。涼しくなっても、呼吸の苦しさや脱水症状などが起こります。

又、体操の専科に於いては、体操の先生とマスク着用について話し合いました。

体操の中でのうごきや流れ、また子供同士の距離。こういったものは

その日の指導内容により異なり、先生が1番理解されていることなので、

換気となるべく子供同士が対面時に声を出さないようになど、その時によるケースで

マスク着脱においての対応の程をお願い致しました。1つ1つの動作をシュミレートして先生には

ご協力いただいております。

保育室での活動時は、マスクを着用してしっかり換気も行った上で行います。

各クラスには高精度の空気清浄機も導入しています。

子供たちが安心安全に通える為の出来る限りの対策は行っております。

どうぞその旨ご理解いただけますよう、お願い致します。